目的別!プログラミングスクールの選び方

2020年4月から始まった小学校での「プログラミング教育」の必修。全国の小学生が「自分のロボットを作れる」時代がやってきました。

学生や社会人向けのプログラミングスクールはブームとともに次々と新しいスクールが誕生していることで、これから勉強を始めようとする人は

どういう基準でスクールを選べていいの?

といった疑問が沸いてきますよね。

これからプログラミングを学ぶ人はぜひ、どんな目的でプログラミングを学ぶのかを明確にしてプログラミングスクールを選びましょう。

『本業でエンジニア転職を目指したい!』

『プログラミングを使って副業で稼ぎたい!』

『フリーランスでバリバリ稼ぎたい!』

『今の仕事の業務にプログラミングを活かしたい!』

あなたはどんな目的でプログラミングを学びますか?

本業エンジニアで転職を目指す人へ

本業でエンジニア転職を目指す人が知っておきたい3つのことがこちらです。

  1. エンジニアの就職先4種類
  2. エンジニアの種類と言語
  3. スクール卒業時に目指せるレベル

まずはエンジニアの就職先4種類をしっかりと理解しておきましょう。

エンジニアの就職先には自社開発企業、受託開発企業、SES企業、事業会社の社内SE があります。
まずはそれらの待遇、仕事内容をしっかり理解したうえで自分が目指すのはどこなのか決めます。
以下の記事を読んでからスクール選びをすれば、失敗のない選択ができるようになりますよ。

≫【エンジニアの就職先】自社開発・受託開発・SESの違いやメリット・デメリットをわかりやすく解説

次に、エンジニアの種類と使用する言語を理解しておきましょう。

エンジニアとひとことでいってもその職種は様々です。

インフラ系エンジニアなのか、開発系エンジニアなのか?開発でもどの部分を開発するのか?Webアプリ、業務系システム、スマホアプリの開発なのか?

以下の記事を読んであなたが目指したいのはどんなエンジニアなのか明確にしてみてくださいね。

≫ エンジニアの種類と言語をわかりやすく!あなたが目指すのはどの職種(Comming Soon・・・)

エンジニアの就職先と職種を理解したら、いよいよスクール選びです。

未経験からエンジニア転職をする場合、大事なのは

”スクール卒業時にエンジニアとしてどれほどのレベルを身につけられているのか” です。

当然ですが未経験でも経験者レベルに近い実力をつけられれば、採用率も高くなるでしょう。

  • バリバリ開発経験が積める自社開発企業に就職したい 
    ⇒ 経験者レベルになる必要がある
  • 優良受託開発会社で様々な経験を積みたい 
    ⇒ 基礎知識+学歴や前職経験で採用される傾向あり
  • 下流工程の仕事からでもいいからエンジニアになりたい 
    ⇒ 基礎知識が身についていればよい

以下の記事はプログラミングスクールを目指すレベル別にスクールを厳選したものになります。
これらを読んでからスクール選びをすることで、後悔のない選択ができるはずです。

本業でエンジニア転職を目指す人におススメの記事

≫ プログラミングスクール卒業時点レベル別!おすすめプログラミングスクール(Comming Soon・・・)

≫ 【2021】自社開発企業への転職実績多数!おすすめプログラミングスクール3選

※0円でプログラミングスクールのメンターに質問してみよう
どのスクールを受講するにしても受講前に事前学習しておくことをオススメします。
基礎部分をあらかじめ理解しておけば、貴重な受講期間をさらに有効活用することができるからです。
プログラミングの基礎学習はTechAcademyの無料体験でマスターするのがおススメです。
わかりやすい動画とメンターへのチャット質問を1週間無料です。利用しない手はありません。

≫TechAcademyの無料体験はこちら

プログラミングで副業10万円以上→フリーランスを目指す人へ

本業を続けながらプログラミンで副業をしたい!という人も多いでしょう。

プログラミングは副業に適している要素が盛だくさんです!

プログラミングが副業に適している理由
  1. 在宅でできる。
  2. 初心者からでもできる案件がたくさんある。
  3. 時間単価が上がりやすい。

スキルアップすればするだけ難しい案件を受託できるようになり、時間単価が大幅にアップしていくのがプログラミング案件の特徴です。

副業から始めてフリーランスとして活躍できるようになれば月単価100万円も夢ではありません。

ここで、プログラミングで副業をやっていきたい人が初めに理解しておくべきことをお伝えします。

  1. プログラミングでできる副業の種類と単価
  2. プログラミング副業も必要な言語やスキル
  3. 副業の案件獲得方法

これらをふまえた上でプログラミングスクールを選択することをおススメします。

ウェブスクマニアおすすめのプログラミングスクール

✔ 自社開発企業に就職したい人におススメのプログラミングスクール

✔ Web制作会社に就職したい人におススメのプログラミングスクール

✔ 30代未経験からエンジニアを目指す人におススメのプログラミングスクール

✔ プログラミング副業したい人におススメのプログラミングスクール

✔ フリーランスになりたい人におススメのプログラミングスクール

✔ 無料で学べるおススメのプログラミングスクール

条件別で探すプログラミングスクール

※0円でプログラミングスクールのメンターに質問してみよう
どのスクールを受講するにしても受講前に事前学習しておくことをオススメします。
基礎部分をあらかじめ理解しておけば、貴重な受講期間をさらに有効活用することができるからです。
プログラミングの基礎学習はTechAcademyの無料体験でマスターするのがおススメです。
わかりやすい動画とメンターへのチャット質問を1週間無料です。利用しない手はありません。

≫TechAcademyの無料体験はこちら