【事前チェック】テックアカデミープロ(転職保証コース)の就職先や年収を調査!口コミ評判デメリットは必読

プログラミングスクール

テックアカデミーのTechAcademy Pro(転職保証コース)の受講を検討しているあなたに知っておいてほしいことがあります。

●テックアカデミープロを受講した人の実体験を知りたいな。
●転職保証コースの就職先ってどんな企業?
●転職先の年収ってどれくらいなの?
12週間で本当にカリキュラムをこなせるの?
●初心者がエンジニアに転職するのに最適なコースなの?

といった疑問を解決できる記事を用意しました。

この記事は、実際にテックアカデミープロを受講して転職した方の声、Web業界の事情を徹底的に調べあげて書かれています。

テックアカデミープロの受講をお考えのあなたには、

絶対に受講前にこの記事を読んでいただきたいのです!

ひとくちにエンジニアといってもその就職先や働き方は様々。
テックアカデミーの転職保証コースがどんな企業、働き方を見据えたコースなのかをしっかり理解しておきましょう。

この記事を読めば、テックアカデミープロを受講すべきか否か、答えが見えてきますので、じっくり読んでみてくださいね!

テックアカデミープロ(エンジニア転職保証コース)の基本情報

テックアカデミーではすべてのコースに転職サポートがついていますが、
『転職保証』がついているのはこの『テックアカデミープロ(TechAcademy pro)』だけになっています。

転職保証とは、受講修了後6か月以内に内定が出なかった場合に

受講料が全額返金される制度です!

全額返金を保証しているからには、テックアカデミー側もみなさんをなんとしてもエンジニアとして就職させるよう全力で支援してくれるということです。

ここで、テックアカデミープロの基本内容を確認しておきましょう。

受講形態オンライン完結型
受講料金298,000円(税別)(分割払いOK 12,417円/月~)
期間12週間
受講条件✔ 受講開始時点で32歳以下の方
✔ 東京での勤務が可能な方
✔ IT企業へエンジニアとして転職の意思がある方
✔ 受講期間中に転職活動をする意思のある方
✔ 期間中に学習時間を300時間以上確保できる方
(1〜6週目:160時間、7〜10週目:100時間、11〜12週目:40時間)
✔ 全ての課題に合格された方
メンター現役のエンジニア
転職サポートパーソナルメンター+キャリアカウンセラー
学習する言語Java

なんといってもテックアカデミーの強みはオンライン完結型であること。

住んでいる場所を選ばずに自宅で受講できる点は、地方在住であったり教室までの距離がネックになっている人にとっては大きな利点です!

そして、ほかの転職保証つきのスクールは働きながら学習することが不可能なカリキュラム設定になっていることがほとんどですが、
テックアカデミープロは働きながらでも学習を進めることができるカリキュラムになっています。

学習内容もテックアカデミーは内容が深くて難しいと評判ですが、
この課題をしっかりクリアできれば実務で通用するレベルまで成長できる
カリキュラム内容の評判も高いです。

人気があるのでこのコースは毎回すぐに埋まってしまいます。

まずは無料体験でテックアカデミーのカリキュラムを体験してみましょう!

ポイント
無料体験説明会動画を閲覧すると、受講料金が10,000円割引になります!

テックアカデミープロ(転職保証コース)の就職先は?

エンジニアの就職先3種類の違い

まず、エンジニアに転職にあたって理解しておきたいのが、エンジニアの就職先企業には大きくわけて3種類あるということです。

エンジニアの就職先
  1. 自社開発企業(Web系企業) 
    自社でWebサービスを開発・運営している企業
  2. 受託開発企業(SIer) 
    顧客からシステム開発の案件を受託し開発している企業
  3. SES企業(システムエンジニアリングサービス) 
    所属エンジニアを客先に常駐させてシステム開発や運用にあたらせている企業

有名どころでいうと、自社開発企業(Web系企業)はメルカリや楽天、LINEなど、

受託開発企業(SIer)は野村総研や」NTTデータなどです。

ひとくちにエンジニアといっても、就職先の企業にはこんな違いがあるんだ!

Sena
就職の難しさでいうと、

エンジニアに人気なのは、自社開発企業>受託開発企業>SESといわれています。

理由は、自社開発企業は社風に自由度があり年収も高い傾向にあること。

それだけに自社開発企業は倍率が高く、未経験者が就職するのはかなり難易度が高いのが実情です!

テックアカデミープロ(転職保証コース)の就職先

転職保証を謳っていますので、その転職内定率は高いことは確実でしょう。

その就職先はというと、先ほど紹介した3種類のうち、

②受託開発企業(SIer)③SES企業 がほとんどだと思われます。

なぜなら、テックアカデミープロ(転職保証コース)で学習する言語がJavaだからです。

自社開発企業の多くは、RubyやPHPなどWeb系言語を採用しているところが圧倒的に多く、

逆にSIerやSES企業ではJavaを使用する案件が圧倒的に多いのが実情です。

実際にテックアカデミーHPで紹介されているこちらの方も、TechAcademy Proを受講後に
SES企業に転職されていることがわかります。

エンジニア業界で自社開発企業が人気なのは、その社風の自由度や平均年収が理由ですが、
実際問題、人気ゆえに倍率も高く、転職するのは容易ではありません。

未経験からいきなり自社開発企業に転職するのはかなり狭き門になるため、

  1. まずは汎用性の高いJavaを習得してSIerやSES企業に転職し、実績や経験を積む。
  2. 他言語も習得。
  3. その後自社開発に転職したり、SIerでプロジェクトマネージャーなどマネジメント職につき年収をあげていく。

などして、それぞれのキャリアを積むのが実例として多いですね!

TechAcademy Pro(転職保証コース)の具体的な就職先を知りたい!という方は、

テックアカデミーの無料キャリアカウンセリングで質問してみましょう!

テックアカデミープロ(転職保証コース)で転職後の年収は?

エンジニアの平均年収は高いといわれていますが、ここでも上記3種類で傾向は違ってきてます。

テックアカデミープロからの転職先に多いと思われる受託開発企業(SIer)とSES企業に絞ってお話しすると、

  1. 受託開発企業(SIer)
    →大手~中小でかなり差がつく。大手SIerの平均年収は1000万超え。
    下請け(2次請け、3次請け)ともなると年収は低くなる傾向にあり、300万~というところも。
  2. SES企業
    →1年目300万、3年目350万、5年目400万、その後500~600万くらいで頭打ちといわれています。

SES企業に就職した場合、経験を積んでより年収アップを狙ってSIerやWeb系企業へ転職するケースが多いです。

未経験からの転職なので、いきなり500万とかはないでしょうが、

それでもテックアカデミープロで転職した人たちの年収アップ平均額は67万円です!

多くの方が年収アップを実現している実績を提示していますので、現状よりも上げられる可能性は高いとみていいでしょう。

テックアカデミープロ(転職保証コース)を受講した人の体験談!

クラウドワークスでテックアカデミーを受講した方々にアンケートを取りました。

私は金融機関で勤めていて、プログラミングとは全くの無縁でしたが、やる気と時間さえ確保できたら初心者でもIT企業のエンジニアとして転職できるレベルまで全力でサポートしてくれます。

他にも転職活動にもしっかりとサポートしてくれて、履歴書の書き方や企業との面接調整まで手厚くサポートしてくれるのが魅力的です。

年代/性別/職業20代/男性/金融機関会社員
受講コースエンジニア転職保証コース(TechAcademyPro)
受講料金298,000円
受講期間/勉強時間12週間/ 20時間/週
プログラミングを学んだ理由現職がいやで転職しようと思ったから。

手厚いサポートがあるので転職活動も心強いですね!

転職保証コースの目安学習時間は300時間ですが、この方の場合はかなり短い時間で進められたようですね。
テックアカデミーの目安学習時間は他コースの口コミなどをみると多めに見ておいた方がよいと思うので、この方の学習時間はかなり少ない方だったと思っておいた方がよいですね!

テックアカデミープロ(転職保証コース)のメリットは?

TechAcademy全コース共通のメリット

まずはテックアカデミー全コース共通で、多くの受講者が感じているメリット3つをご紹介します!

テックアカデミー全コース共通のメリット3つ
  1. メンターが現役のエンジニアで、マンツーマンメンタリング!
  2. チャットサポートの回答が早くてちょー便利!
  3. 学習内容のレベルが深くて高い!

1. メンターが現役のエンジニアで、マンツーマンメンタリング!

テックアカデミーでは、受講者にマンツーマンでパーソナルメンターが付きます。

さらにそのメンターさんがプロの現役エンジニアであるということが大きな強みです!

ほかの競合スクールのほとんどのメンターは大学生ですが、やはり現役で実務をこなしているプロ
の方と比べてしまうと、質問に対する回答の速さや知識の幅に明らかに差があるようです。

テックアカデミーを受講した方のほとんどが、メンターに関してレベルの高さやアドバイスの的確さに満足していました!

また、専任のパーソナルメンターがつくことは、挫折しにくい環境作りにも役立っています。

なぜなら、モチベーションが下がってしまったときに信頼できるメンターに相談することで

悩みを解決しモチベーションがあがるからです!

メンタリングは週2回と決まっているで、仮に自分の学習に遅れが出ていたとしてもメンタリング時間はやってきます。
「なんとか次のメンタリングまでには!」と自分を奮い立たせるきっかけにもなります!

2. チャットサポートの回答が早くてちょー便利!

パーソナルメンターとは週2回のメンタリングで直接話すことができますが、
そのほかの時間は自分で学習を進めることになります。

そんなときに便利なのがこのチャットサポート!

対応してくれるメンターさんはシフト制のため専任の方とは限りませんが、
毎日15時~23時の間はSlackというツールで質問することができ、その回答スピードの速さにみなさん満足していました!

プログラミングでもなんでもそうですが、自分ひとりで勉強しているとどうしても疑問点にぶつかり、進みが遅くなってしまいますが、すぐに質問できる環境があるのはとっても便利で心強いですよね!

3. 深くて高い学習内容レベル!

テックアカデミーは短期間で実務で通用するレベルのエンジニアになるためのカリキュラムを設定しているので、内容はやはり難しいともっぱらの評判です。
ですがそのためのメンタリングとチャットサポートですし、深いところまで学習できるのはやはりメリットです!

わからないところは徹底的に質問して、カリキュラム内容をすべて自分のものにする心意気でいきましょう!

ただし、エンジニアというのはエラー→分析→調べる→試す の繰り返しが当たり前。

上のツイッターの口コミでもあるように、メンターさんは皆さんの成長を促すためにあえてすぐに答えを言いません。

アドバイスをもとに自分で調べて考えて・・・の繰り返しによって思考力が育つわけですので、その覚悟を持って学習に臨めば、カリキュラム終了時には今とはまったく違う自分になっていることでしょう。

TechAcademy pro(転職保証コース)のメリット!

ここまでに、テックアカデミーの全コース共通のメリットをみてきました。
次に、TechAcademy pro(転職保証コース)独自のメリットを他スクールと比較してご紹介します。

TechAcademy pro(転職保証コース)独自のメリット3つ!
  1. 他スクールと比較して費用が低め!
  2. 全額返金保証制度がついている。
  3. キャリアカウンセリングが手厚い

1. 他スクールと比較して費用が低め!

ここでほかの競合スクールの転職保証コースと料金を比較してみたいと思います。

 テックアカデミーテックキャンプDMM WEB CAMP
コース名TechAcademy proテックキャンプ
エンジニア転職
受講形態オンライン完結①平日は教室、土日はオンライン
②昼間ははオンライン、夜間・休日は教室
教室通学
料金298,000円①648,000円(短期集中スタイル)
②848,000円(夜間・休日スタイル)
628,000円
期間12週間(3ヵ月)①70日間(10週間)
②180日間
12週間(3ヵ月)
年齢制限32歳まで30代以上もOK30歳未満(30歳以上要相談)

このように他社と比較すると一目瞭然!

半額ほどの費用となっています。

これはオンライン完結型であることと、学習時間の違いが理由にあげられるでしょう。

他スクールと比較すると、

  • テックアカデミーはの目安学習時間300時間
  • テックキャンプは600時間
  • DMM WEB CAMPは160時間/月→480時間/3ヵ月 

といわれています。

テックアカデミーはほかの2社に比べると学習ボリューム自体は少ないのかもしれません。

ですが他2社の場合、仕事を辞めて学習に専念しなければこなせない学習量です
(※テックキャンプ②は仕事継続の方向けです)

その点、テックアカデミーは仕事をしながらでも学習が可能(それでも月100時間確保は相当大変ですが!!)なのはいいですね!

働きながら12週間で300時間は可能か?

テックアカデミープロの受講を考えている人は、仕事をつづけながら受講することを前提と考えている方がほとんどだと思います。

テックアカデミーは12週間で300時間以上の学習時間の確保を求めていますね。

単純計算すると、

学習時間目安

3時間×平日5日間+6時間×土日 )× 12週間 = 324時間

となります。

ただし・・・これはちょー優秀な方でとてもスムーズに学習が進んだ場合の目安時間です。

特にプログラミングがまったくの初心者の方であれば、これほどスムーズに進むとは安易に考えない方がよいでしょう。

テックアカデミーに限らず、どのスクールにもいえることですが、

提示されている時間+毎日1時間くらいは多く見積もっておいたほうがあとあと後悔せずに済むと思います。

つまり、

学習時間目安

(4時間×平日5日間+7時間×土日 )× 12週間 = 408時間

受講する方はそれくらいのスケジュールを立てて臨んでおきましょう!

2. 全額返金保証制度がついている!

内定がもらえなかった場合「返金保証制度」自体は3つのスクールすべてについています。

それぞれのスクールに返金の条件がありますが、どれも「きちんと本気で勉強に取り組んだ人」であれば利用できる条件になっています。

テックアカデミープロの場合は、受講修了後6ヵ月を経過しても内定がもらえなかった場合に、受講料が全額返金されるしくみになっています。

絶対転職を目的に受講しているわけなので、目的が果たせなかったときには全額返金保証があるというのは安心ですね!

3. キャリアカウンセリングが手厚い

テックアカデミープロのキャリアカウンセリングは手厚いと評判です!

なぜなら、テックアカデミープロでは通常コースにはない、専属のキャリアカウンセラーがつくからです。

この専属のキャリアカウンセラーは

  • 自己分析サポート
  • 書類作成サポート
  • 面接対策
  • おすすめの求人案内

をサポートしてくれます。

これらを自分だけでやろうとすると、かなりの時間と労力を使ってしまいますよね。

特に面接で自己PRが苦手な人であれば、手厚いサポートで自信をもって面接に臨むことができますよ!

また、通常の求人であれば未経験で応募可能な企業はかなり少ないのが実情。

ですがテックアカデミープロで紹介される求人であれば未経験で応募ができます。

転職保証を謳っているだけあって、テックアカデミー側も覚悟を持って転職サポートをしてくれます。

エンジニアの知識やスキルを身につけて、転職に関する不安やわからないことも存分に相談したうえに面接に臨める点は、とても心強いですよね!

テックアカデミープロ(転職保証コース)の注意点!

テックアカデミープロを受講する前に留意しておきたいポイントをご紹介します。

テックアカデミープロの注意点3つ
  1. 就職先が東京限定である。
  2. 転職保証は32歳まで
  3. 学習言語がJava

それぞれみていきましょう。

1.就職先が東京限定である

テックアカデミープロでは転職保証条件として、東京での勤務が可能であることをあげています。

これはやはり紹介できる企業が東京に多いというのが理由でしょう。

東京23区のオフィス街に通える範囲の家賃相場は、よほど新しくて広いところに限定しなければ

4~5万円代もけっこう普通にあります。

エンジニアとして経験を積むのであれば、東京で数年頑張ってフリーランスで働けるようになったら地元に帰ることを目標にするのもありですね!

2.転職保証を受けられるのは32歳まで

転職するには若ければ若いほどいいのは、現実としてあります。

テックアカデミープロで転職保証してくれるのは、受講開始時点で32歳以下の方のみですので、

ここはしっかり理解しておきましょう!

だからといって33歳以上の人がエンジニアに転職ができないわけではありませんので、

転職保証がついていない一般コースから転職や副業を目指すことも十分可能ですよ!

3.学習言語がJavaである

エンジニアになるのなら、どの言語を学習するのかはきちんと理解しておく必要があります。

テックアカデミープロで学習する言語はJavaです!

これはJavaの求人数が圧倒的に多い=転職確率が上がるから

といえるでしょう。

Javaの求人として多いのは、上で紹介した受託開発企業(SIer)とSES企業です。

学習言語がJavaであることからも、就職先企業の多くが受託開発企業(SIer)とSES企業であることがわかりますね!

Javaの特徴を簡単にご紹介しますと、

Javaの特徴
  • 大規模なシステム開発案件に多い。
  • 正社員求人が多い。
  • プログラムのルールが非常に厳しい。
  • Javaを理解できれば、他の言語は容易に理解できる。
  • 学ぶべきボリュームが多くハード。

このように、Javaは難しい!というのがひとつの特徴となっています。

てすが反対に、Javaが理解できているエンジニアは重宝されるともいえますし、確実にエンジニア転職をするのであればJava習得は大きな武器になります。

そしてのちのち他の言語が必要になったときには、Javaが理解できていれば容易に習得することができます。

これは、Javaを習得すること=論理的にしっかりとオブジェクト指向を理解すること

なので、これが身についていると他言語はスルスル~と入ってくるわけなんですね。

こういったことからも、苦しくても最初にJavaをしっかり習得しておくことは価値が高いことなんです。

未経験からエンジニアを目指すTechAcademy Pro

JavaとRubyの違いとは?

photo
出典:MONOist
レバテックキャリアの2019年言語別求人案件数ランキング発表より

プログラミング言語でよく比較されるのが、このJavaRubyです。

この2つの言語の違いもおさえておきましょう!端的にいうと以下の表のようになります。

 JavaRuby
求人案件数
(レバテックキャリア調べ)
1位(31%)3位(8%)
求人企業SIer・SES企業に多いWeb系企業に多い
言語習得難易度難しい比較的容易
開発物大規模システム・Androidアプリ・スマホ決済サービス・家電製品などWebアプリ・ECサイトなど

このように、Java圧倒的な求人数の多さを誇っており、比較的就職が決まりやすい傾向にあり、

RubyはJavaに比べると求人数が少ない分倍率が高くなる傾向にあることがわかります。

また、言語習得のハードルにも違いがあり、Java難しく複雑でハード。

Rubyはそれと比較するとシンプルで覚えやすいという違いもあります。

確実に就職したいならテックアカデミープロ(転職保証コース)で決まり!

というわけで、以下に当てはまる方はテックアカデミープロ(転職保証コース)で転職を成功させましょう!

テックアカデミープロに向いている方
  1. 働きながらエンジニア転職を目指したい!
  2. なるべく費用を抑えたい!
  3. 汎用性の高いJavaをマスターしてエンジニア経験を積みたい!
  4. 32歳以下で東京で就職が可能である!
  5. 求人数の多いJavaで確実にエンジニアに転職したい!

以上5つにあてはまる方は、テックアカデミープロで確実にエンジニア転職を目指しましょう。

ポイント
無料体験説明会動画を閲覧すると、受講料金が10,000円割引になります!

最初からWeb系企業を狙いたい方には2つの選択肢をご紹介します!

未経験からのWeb系企業への転職はかなり狭き門であることはお伝えしましたが、もちろん可能性はゼロではありません。

最初からWeb系企業を狙いたい!という方には2つの選択肢をご紹介します!

TECH::CAMP(テックキャンプ)とDMM WEB CAMPの転職保証付きコース

テックキャンプとDMM WEB CAMPは、実績と高い知名度を誇るプログラミングスクールです。

これら2つのスクールの転職保証付きコースは、Rubyという言語を採用しているため、

はじめからWeb系企業へ転職を狙いたい方にはおススメです!

 テックキャンプDMM WEB CAMP
コース名テックキャンプ
エンジニア転職
受講形態①平日は教室、土日はオンライン
②昼間ははオンライン、夜間・休日は教室
教室通学
料金①648,000円(短期集中スタイル)
②848,000円(夜間・休日スタイル)
628,000円
期間/目安時間①70日間(10週間)/ 600時間
②180日間 / 600時間
12週間(3ヵ月)/ 480時間
年齢制限30代以上もOK30歳未満(30歳以上要相談)
言語RubyRuby

注意点としては、Rubyの求人は「東京」にほぼ集中しており、他県ではほとんどないこと。

ですので、あらかじめ自分が働きたい場所で求人数が多いのはどの言語なのか調査したうえで、

習得言語を決めることをおススメします!

テックキャンプかDMM WEB CAMPをおススメする方
  1. 最初からWeb系企業(自社開発)へ就職したい!
  2. 費用が高額でも大丈夫!
  3. 期間中はほぼすべての時間を学習に充てられる環境にある!
  4. 30歳以上である→ テックキャンプ 30歳未満である→DMM WEB CAMPも可

特に ③期間中はほぼすべての時間を学習に充てられる環境にある!

は、特に重要です。テックキャンプとDMMWEBCAMPは仕事しながらは無理です。
※テックキャンプの「夜間・休日スタイル」は仕事続けながらの方向けのカリキュラムになっています。

高額なので、仕事を辞めてこの費用も・・・となるとものすごい覚悟が必要です。

※DMM WEB CAMPはこの高額費用を抑える方法があります。
テックキャンプとDMM WEB CAMPが気になる人は次の記事も読んでみてくださいね。

仕事を辞めるのはキツイ・・・

けど、最初からRubyを学んでおきたいな。

仕事を辞めずにRubyを学びたい!という方には次で紹介するテックアカデミーのWebアプリケーションコースもおすすめです!

テックアカデミー(TechAcademy)のWebアプリケーションコースでRubyを学ぼう!

テックアカデミーのWebアプリケーションコースでは、Web系企業で多く採用されているRubyを学ぶことができます。

テックアカデミーはどのコースも内容が充実していることで評判ですので、基礎~深いレベルまで学ぶことができます。

さらにカリキュラム内で「オリジナルサービス・アプリ」の開発ができるので、そのアプリをポートフォリオとして、転職活動でアピールすることもできます!

テックアカデミープロ(TechAcademy pro)と違い「転職保証」はされませんが、テックアカデミーには

すべてのコースに「転職サポート」がついているんです!

他スクールは受講期間終了後のアフターサービスがないところが多いですが、

テックアカデミーは受講修了後も「TechAcademyキャリア」という転職サポートツールを利用することができ、

これに「オリジナルサービス・アプリ」をアップロードすると企業やキャリアセンターからスカウトを受けることができるんですね。

受講修了後もこんな便利なツールを利用できるのはいいですね!!

そして、Webアプリケーションコースの受講料はテックキャンプ等の転職保証コースに比べるとかなり良心的↓

4週間プラン8週間プラン12週間プラン16週間プラン
料金社会人149,000円
学生129,000円
社会人199,000円
学生159,000円
社会人249,000円
学生189,000円
社会人299,000円
学生219,000円

というわけで、Webアプリケーションコースをおススメするのはこんな方!

テックアカデミーのWebアプリケーションコースをおススメする方
  1. 最初からWeb系企業(自社開発)へ就職したい!
  2. 働きながら学習したい!
  3. 転職保証がなくてもいいから、なるべく費用を抑えたい!
  4. 年齢的に転職保証コースを受講できない・・・

これに当てはまるという方は、テックアカデミーのWebアプリケーションコースをぜひ検討してみてくださいね!

※何度も言いますが、未経験からWeb系企業への就職は倍率が非常に高く狭き門です。
転職保証コースに比べると転職決定率は下がります。

ポイント
無料体験説明会動画を閲覧すると、受講料金が10,000円割引になります!

Webアプリケーションコースについてもっと詳しい記事は別にご用意しますのでそちらもご覧ください。

まとめ

ということで『【事前チェック】テックアカデミープロ(転職保証コース)の就職先や年収を調査!口コミ評判デメリットは必読』と題し、テックアカデミープロ(転職保証コース)の就職先や年収、口コミや評判・デメリットなどをお伝えしてまいりました。

この記事のまとめ
  • テックアカデミープロの就職先は受託開発(SIer)かSES企業が多いと思われる。
  • JavaはSIerとSES企業に多く、RubyはWeb系企業に多い言語である。
  • 自社開発(Web系企業)は就職が難しい!未経験はまずはSESスタートからキャリア実績を積むが現実的。
  • テックアカデミープロで年収アップは大いに可能!
テックアカデミープロに向いている方
  1. 働きながらエンジニア転職を目指したい
  2. なるべく費用を抑えたい
  3. 汎用性の高いJavaをマスターしてエンジニア経験を積みたい
  4. 32歳以下で東京で就職が可能である
  5. 確実にエンジニアに転職したい
テックキャンプかDMM WEB CAMPをおススメする方
  1. 最初からWeb系企業(自社開発)へ就職したい
  2. 費用が高額でも大丈夫
  3. 期間中はほぼすべての時間を学習に充てられる環境にある
  4. 30歳以上である→ テックキャンプ 30歳未満である→DMM WEB CAMPも可
テックアカデミーのWebアプリケーションコースをおススメする方
  1. 最初からWeb系企業(自社開発)へ就職したい
  2. 働きながら学習したい
  3. 転職保証がなくてもいいから、なるべく費用を抑えたい
  4. 年齢的に転職保証コースを受講できない・・・

自分に合っているコースが見えてきたら、即自分の未来のために行動していきましょう!

テックアカデミーの受講を考えている方はまずは4つの無料体験を受けてみてくださいね!

テックアカデミーの4つの無料体験
  1. 無料説明会動画 
    ー希望コースの内容を約10分間の動画で確認!
  2. プログラミング無料体験 
    ーテックアカデミーの学習システムを使ってプログラミングの基礎を1週間で学べる!
  3. エンジニアから学べる無料プログラミング体験会 
    メンターの解説を受けながらWebサイト構築に使う技術を1時間体験できる!
    (2020年10月現在、開催していない模様)
  4. 無料キャリアカウンセリング
    ー現役エンジニアに受講後の就職先や年収についてきくことができる!

参加者特典で受講料金が10,000円割引になりますし、受講前の予備知識としてかなり有効ですので
まずは4つの無料体験を受けておきましょうね!